下図のように セッティングは大変シンプル。 エサ入れ用の 樽・バケツ・エサすくいようの網 など を 使いやすい位置 において準備完了。  エサはへ到着したら、この体勢で 投入の合図を 待てるようにします。

忘れやすいのが 尻手です。 必ず リールまたはロッドから1本 と ロッドキーパーから1本の 2本を付けましょう。
ヒラメ泳がせ釣りでは 思わぬ大型の青物なども来ますから 尻手ロープは 長めにしておくと いざという時 竿が自由になります。

また 手の届くところに ハサミ・ペンチ・予備の仕掛け・オモリ などを置いておくと都合が良いです。身の回りのスペースを旨く使ってください。 





餌 や 仕掛けの違いによって 付け方は変わってきます。遠州灘のヒラメ釣りで 主流の アジ餌の場合で 明しますと、1本針ならば、 背がけが良い と思われます。  また 写真右のように、口の中から 上あごに抜く 掛け方も あります。
アジの付け方1 アジの付け方2

 孫針つきの場合なら、親針は 口掛け(上顎)、鼻がけ、背がけ のどれかで、孫は 尻ビレ付近 に 掛けます。
アジの付け方3 アジの付け方4

 3本イカリを孫に使う場合も同じです
アジの付け方5 アジの付け方6

 孫をフリーにする掛け方もあります。
アジの付け方7

手早く 弱らせないように 付けるのがコツ です。 また 網なそを うまく使って タル や バケツの 海水の中でエサをつける など 少しでも エサを元気よく保つ工夫も 釣果を左右します。





まず リールの電源の確認をしてください。 電源が入っていなければ 電源を入れてください。船べり設定 ゼロ設定 も お忘れなく! * 船べり設定は 竿を立てて コマセカゴが 手元に来るように セットしてください。 (仕掛けは手繰り上げます)

仕掛けの絡みが無いか 確認しておいてください。 船長の合図で  オモリから海面にいれます。





 
持ち竿が基本になるます。 慣れないと 重いですが がんばってください。  船長の合図で投入したら、着底を待ちます。 

着底したら、オモリを 海底から 50cm〜80cm 前後浮かせたところで アタリを待ちます。 この棚取りの高さは、 仕掛けや海況で 若干変わります。

ヒラメは 底に張り付いているというイメージが強いですが、基本的にフィッシュイーターです 「エサを追うときは 水面まで あがって来ることもある」 ということも頭に入れておきましょう。

あまり 底近くばかりを 意識しすぎるのも 良くありません。 

また たまには 大きく ゆったりと 竿をあげて エサを目立たせてください。 (あまり 誘ってばかりでも エサが早く弱るなど 弊害もありますので、その辺りは ほどほどに)

当たり方ですが、 いくつかパターンが あります。 代表的なパターンは 「コツン」 と 当たってから 一呼吸くらい 間を置いて グングングン と 当たってくる場合です。 「コツン」 は、餌を殺しに来た時の 一撃です。  グングングン で咥えて呑みに来ますが、針に掛かった 重さを感じるまで 耐えていてください。 針掛りした と思われたら、合わせずに そのまま巻き上げてきます。 合わせを入れるにしても グ〜ン と 大きく竿を立てる程度の合わせが いいようです。

次に、 一機に来る場合です。 前ぶれも無く いきなり 竿がひん曲がります。 大型ヒラメに 良くありがちな 当たり方です。 この時 ビックリして 反射的に 合わせてしまう場合が ありますが、すっぽ抜ける 場合があります。 竿を 伸されないようにして、耐えていれば いいです。 完全に 針掛りした と思えたら、合わせはしないで そのまま巻き上げてきます。 既にハリに掛かっています。

このパターンで来る時には、 一機に 飲み込んでしまっている場合が あります。 ハリスが切られる場合が多いですが対処法はありません。

針掛りしたかどうかの判断は、経験しないと 解かりにくいかも知れません。





タモ入れは、自分でしないで、船長 や 隣近所の方に やっていただきましょう。 タモ入れをする人は、完全に浮き上がってきてから すくだけです。 お互い様なので 皆さん 協力しましょう。

ヒラメの場合、水面まで上げたら、 ロッドワークで ヒラメを タモまで スライド させます。 タモに頭が入りかけたら、糸をゆるめてあげると、スーッ と 入ってくれます。

タモ入れは 釣る側の問題です すき易いように コントロールしましょう。





ヒラメは タル や イケスに いれて、 直ぐに次の投入に集中しましょう。 1枚釣れた場所には、何枚か居ることが多いからです。 今まで 全く釣れていなかったのに 1人釣ったら 続けて 全員にアタリが来た なって事も 稀にあります。 こんな時は、うまくいくと 続けて もう一枚 釣れる可能性が高いです。





ヒラメは、帰りまで活きていることがほとんどなので、帰港してから 〆てもよいでしょう。  (途中で弱ってしまったら、その場で 処理をしてください)

ナイフを入れる位置ですが、エラからいれて、頭の後ろの側線(背骨)を絶ちます。次に、尾びれの付け根の骨を絶ちますドロッ とした血が出てくればOKです。失敗すると上手く血が出ません。

片側のエラを切って しばらく泳がせ 血を出してから、背骨 と 尾びれの付け根に ナイフを入れる場合もあります。

氷には じかに 当てないで、ビニール袋か何かに包んで、氷の入ったクーラーに入れます。

せっかく釣ったヒラメです。 完璧に〆てくださいね!!!。
ヒラメの〆方
写真提供 海山人 様
             *右利きの方なら 写真のような向きで、ナイフを入れると入れやすいです。
 



 
  
mail
前に戻る
Copyright(c) 2009  ヒラメ釣りのホームページ All rights reserved.