釣りのホームページ釣りの仕掛けのホームページお魚料理のホームページ













* お料理の作り方は ↑ お品書きのメニューをクリックしてみてください!
お刺身
ヒラメのお刺身
脂の乗ったヒラメのお刺身です。 淡白で上品な甘み 脂の乗った「寒ビラメ」のお刺身はたまりません。  一流料亭・・・ とは いかなくても 自分なりに姿盛り にすれば、 “料亭” 気分です。 お酒も進みます・・・
                                                   

ヒラメのしゃぶしゃぶ
脂の乗ったヒラメを お刺身でいただくのもいいですが、大型のヒラメなどは、筋が張ってきたりしています。 そんな時は しゃぶしゃぶ でいただくと よいでしょう。 少し火が入ることで、食感が変わり 筋も気にならなくなりますよ。                                          
なめろう

ヒラメの昆布〆 
ヒラメの定番料理の一つ!  ほんのりと 昆布の香り と もちもち感がたまりません。傷みの早い ヒラメです。 お刺身で 一度に食べきれない時など 昆布〆にすれば若干日持ちします。                                                  

ヒラメの酒蒸し
ヒラメは 捨てるところが無い と言われています。  頭の部分 カマの部分 は 酒蒸しはいかがでしょう・・・。 大型のヒラメの頭などは 結構 身も脂も一杯ですよ。  頭というと いわゆる<アラ>になりますが、 ヒラメの頭の酒蒸しは 立派な一品 になります。

ヒラメの天ぷら
贅沢に ヒラメの身の天ぷらはいかがでしょう! 熱々のヒラメの天ぷら ホクホク感がなんともたまりません。 残ったら 野菜の天ぷらなんかと一緒に 天丼 にするのも よいでしょう。
                              
南蛮漬け
ヒラメのバター焼き
いわゆる ソテー といったような感じです。 味付けは バター・塩・コショウ だけ。これで十分 おいしいバター焼きが出来ます。 ホイールに来るんで きのこ や 野菜なんかと一緒に蒸し焼きにしても大変おいしいですよ。

ヒラメの皮の素揚げ
お刺身用にさばく時に、包丁を入れない部分のウロコをとらずに おきます。 きれいに皮をひいて、 適当に短冊形に カットします。 塩 と コショウ を 振りかけて 粉をつけ 揚げたら できあがり。 ウロコの部分は パリパリ として 皮の部分は モチモチ です。 ヒラメはウロコが小さいので パリパリ感よりモチモチ感が強い 皮の素揚げになります。 
 

ヒラメの胃袋の酢味噌和え
珍味です! ヒラメに限らず 胃袋や腸を使った料理があります。 コリコリとした食感に甘酸っぱい 酢味噌が良く合います。 お酒のおつまみ に ぴったりの一品です。 作り方も簡単なので是非お試しください。

Copyright(c) 2009  ヒラメ釣りのホームページ All rights reserved.